課題管理システムを導入してプロジェクトを円滑に進めよう!

プロジェクトを進めていく中で、課題は必ず出てきます。課題が出たらそのままにするのではなく、適切な方法で解決策を講じる必要があります。今回の記事では、課題の把握や解決の仕方を、5個のプロセスに分けて紹介しています。課題管理に悩んでいる方は、ぜひ参考としてお役立てください。

課題解決の5個のプロセス

課題解決の5個のプロセス

課題が発見できれば、次に行うのは課題の解決です。ここでは、課題解決のために抑えたい5個のプロセスについて解説していきます。

1.課題の選択

課題を洗い出したら、優先度の高い課題から解決していきます。重要度と影響度が高い課題を選択するためにも、複数人で解決したい課題を選ぶようにしましょう。

2.解決策の洗い出し

課題を選択したら、その課題を解決するための解決策を洗い出します。ポイントは一つの課題に対して複数の解決策を出し、あらゆる観点から課題解決のアプローチができる準備をすることです。そのためには、やはり複数人で解決策を考えることが大切だと言えます。

3.評価軸の定義

課題に対する複数の解決策を出したら、解決策を選択するための評価軸を定義します。解決策の効果やコスト、どの解決策で新たな課題が出ないかなどを考慮して、評価軸を決めていきます。

4.評価軸による採点

上記で決めた評価軸を元に、解決策を採点します。偏りが出ないようにするためにも、複数人で採点することをおすすめします。

5.解決策の選択

最も採点が良かった解決策を選択し、課題の解決を進めていきます。解決策は必ず一つでなければいけないわけではないので、課題に応じて柔軟に解決策の数を決めるようにしましょう。

上記5個のサイクルで、課題の解決は行うことができます。

5個のプロセスを活用して課題を解決しよう!

5個のプロセスを活用して課題を解決しよう!

課題を解決するために、今回紹介した5個のプロセスは非常に有効な手段だと言えます。スケジュール管理や進捗管理などで課題が見つかれば、5個のプロセスを用いて課題の解決策を講じるようにしましょう。それを繰り返し行うことで、間違いなくプロジェクトは成功へと進んでいきます。

プロジェクトを成功させるためには、生じた問題を随時解決していくことが必要です。そのためにも、ぜひ今回紹介した課題管理の方法を試してみてください。使いやすい課題管理システムをお探しならRequeがおすすめです。シンプルな操作で使いやすく、料金もお手頃な価格でご利用いただけます。

課題を正確に把握するなら、Requeがおすすめです。Requeを利用すれば、課題の把握や管理が簡単に行えます。クラウド上で運用しているため、複数人での確認や修正、共有も可能です。課題管理システムにお悩みなら、ぜひRequeをご利用ください。

タスク管理をクラウドで行うならReque

販売事業者名 株式会社 イーダブリュエムファクトリー 英語表記 EWM Factory,Ltd
販売事業者所在地 〒840-0815 佐賀県佐賀市天神3丁目−15−1
メールアドレス reque-support@ewmjapan.com
営業時間 月~金曜日 9:00~18:00(祝日、年末年始等は除く)
URL https://reque.jp/