タスク管理の種類を知って効率よく仕事を進めよう!

タスク管理には、大きく分けて三つの種類があります。タスク管理を導入することで、利用者はたくさんのメリットを受けられますが、目的にあった適切なタスク管理システムを選択しなければいけません。タスク管理についてあまり知らない方でも分かる内容なので、ぜひ最後までご覧ください。

1.チームタスク

1.チームタスク

チームタスクは、複数人で作業する場合におすすめのタスク管理です。製品開発や製品紹介のイベントなど、大きなプロジェクトを効率よく進めるために活用されます。

例えば、製品紹介のイベントでは日程や会場の決定、どのコンテンツを紹介するのか、参加者のターゲットはどうするのかなどを決めます。

大きなプロジェクトを成功させるためには、誰が何を担当するのか事前に決めておくことが大切です。タスク管理システムを導入することで、いつでも確認することができるのでプロジェクトの成功に大きく貢献してくれるでしょう。

2.個人タスク

2.個人タスク

個人タスクは、個人で作業する場合におすすめです。書籍執筆やソフトウェア開発、また引越しなどにも活用できます。

個人でやる場合には、スケジュール管理がとても重要になってきます。いつまでに納品しなければならないのか、どんなスケジュールが効率よく進められるのかなどを管理することができます。

3.TODO

TODOリストなどで聞き馴染みのあるTODOですが、タスク管理の一つでもあります。個人でやらなければいけないこと、いつかやってみたいことなど、個人タスクとまではいかない小さいものを記憶しておくのにおすすめです。

例えば、飲み会の日程や将来買いたいもの、始めたい趣味などを管理することでいつやるのかを明確にすることができます。やりたいことや、やらなければいけないことを明確にできるため、すべての人におすすめの管理ツールです。

今回は、タスク管理の種類について解説してきました。タスク管理には大きく分けて3種類あり、それぞれチームタスク、個人タスク、TODOとなっています。タスク管理を導入することで、やるべきことや、やりたいことを明確にすることができます。Requeなら、クラウド上で簡単に外注先のタスク管理も行うことができます。「今どれくらいの進捗だろう?」など、タスク管理にお困りなら、ぜひタスク管理システムRequeをご利用ください。料金もお手頃な価格でご提供しております。

タスク管理をクラウドで行うならReque

販売事業者名 株式会社 イーダブリュエムファクトリー 英語表記 EWM Factory,Ltd
販売事業者所在地 〒840-0815 佐賀県佐賀市天神3丁目−15−1
メールアドレス reque-support@ewmjapan.com
営業時間 月~金曜日 9:00~18:00(祝日、年末年始等は除く)
URL https://reque.jp/